wordpress更新の手順(自動・手動)まとめ

在宅スタッフの仕事のひとつに、サイト管理があります。

光正ハウジングが行っている住宅フランチャイズ事業に加盟された工務店のホームページ(加盟店サイト)を作成していますが、

作成した後も更新作業や修正作業、使っているシステムのメンテナンスなど様々な作業があります。

加盟店サイトはWordPress(ワードプレス、以下WP)で作成しています。

WPは簡単に言うとブログを作るシステムで、様々な機能を追加して企業サイトやネットショップ、SNSのような会員登録、投稿ができる交流サイトなどを作成することができます。

WordPress 日本語ローカルサイト https://ja.wordpress.org/

 

WordPressの更新はサイト管理の仕事のひとつ

在宅スタッフが管理しているのは、加盟店サイト以外にもいくつかあります。

加盟店サイト…実際に加盟店さんごとに制作しているサイトです。

デモサイト…サイト制作のサンプルとして紹介しているサイトです。

テンプレートサイト…サイトの新コンテンツ追加や修正などを行い、問題なければデモサイトや加盟店サイトに反映させていきます。

テストサイト…新しいテーマや機能を試したりするためのテストサイトです。

在宅スタッフ管理サイト…在宅スタッフの勤怠管理や日報、作業に関する様々情報を管理するためのサイトです。

その他のプロジェクト用サイト…住宅フランチャイズ以外に進められているプロジェクト用のサイトです。

 

主に加盟店さんからのサイト修正やコンテンツ追加、お知らせの更新、アクセス解析などの依頼に対応しています。

そのほかにサイト制作で使っているWP本体・テーマ(サイトの見た目や機能)・プラグイン(追加機能)の更新、各サイトの設定や記事のバックアップなどのメンテナンス作業を行っています。

WordPressの更新が必要な理由とは?

WPのメリットは、更新作業が楽でページの作成やカスタマイズがネット上で手軽にできるところです。

しかし、WP体やテーマ、プラグインなどのプログラムを、インストールしたままで使い続けてはいけない理由があります。
更新せずに古いままのバージョンを使っているとハッキングされて詐欺に利用されたり、情報流出の被害にあう可能性が高くなります。

被害を受けたサイトだけでなく、同じサーバに置いている他の管理サイトにも影響を及ぼすこともあるようです。

 

プログラムの開発元により、脆弱性への対応や機能の追加など、改善された新しいバージョンが出てくるので、そのつど更新して最新バージョンに保つ必要があります。

更新作業の手順(WP本体・テーマ・プラグインの更新とバックアップの取り方)

更新が必要な場合は、次の手順で行います。

1.バックアップを取る(ファイル、データベース、確認用に画面のキャプチャなど)

2.プラグイン、テーマを更新する。

3.プラグインをすべて停止する。

4.自動更新ボタンをクリックする。

5.プラグインを一つずつ有効化する(更新がある場合は更新する)

6.サイトの確認を行う

自動更新ボタンが表示されている場合は自動で更新できます。

ボタンが表示されていない場合は、ちょっと面倒ですが、手動で更新することができます。

(以前の低いバージョンなのに、「更新」ページには「最新バージョンです」などと表示されていることがあります。

その場合はWP日本語サイトのほうで最新バージョンを確認して、最新バージョンのファイルをダウンロードします。解凍したら、FTPを利用して、現在のファイルを新しいバージョンのファイルに入れ替えます。)

 

「自動更新」ってなにを自動化してるの?

そもそも更新作業とは何を更新する作業なのか?

更新作業とは、脆弱性や機能追加などに対応した新しいファイルと、これまで使っていたファイルを入れ替える作業になります。

それを通常は自動で行えるのですが、自動でできない場合もあるので、その時に手動でファイルの入れ替えを行っています。

以前、手動でWPの更新をしたことで、この作業をWP側で行ってくれるのが「自動更新」なんだな~と思いました。

 

WPの仕組みを調べてみた

専門の書籍などで調べながらですが、WPの仕組みと、更新について書いてみます。

WPのプログラムは、様々なファイルの集まりです。

サイトの閲覧者が見たい情報にアクセスすると(「最新のお知らせ内容が見たい」など)、そのURLに基づいてWPのプログラムがデータベースに保管されているデータを取りに行きます。

データベースから返された情報(最新のお知らせの内容)を、アクセスしたURL(最新のお知らせ記事のページ)に対応した「テンプレートファイル(表示する方法をテンプレート化したもの)」をWPが選び、そのテンプレートファイルに取得したデータベースのデータを埋め込んで、画面に表示するためのHTMLデータを作成します。

 

ワードプレスには普通のHTMLサイトのようなHTMLファイルはなく、様々な情報(記事や画像、動画やユーザーの情報など)はデータベースに保存されていて、必要に応じて取り出して表示することができます。

データベースからデータを取得する仕組み(WP本体)と、情報を保存するためのデータベース、様々な機能を持たせるためのプラグイン、ブラウザに表示するためのテーマなど、それらすべてを合わせたものがワードプレスと呼ばれています。

更新作業では、プラグインの更新、テーマの更新、WP本体の更新を行います。

 

 

参考書籍:WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。

 

 

自動で更新できないときは手動で更新することができる

管理画面や更新ページに 「〇.〇(最新バージョン)への更新が可能です!」というメッセージとともに、更新ボタンが表示されていたら自動で更新することができます。

更新ボタンが表示されていない場合は、手動で更新することになります。

手動の場合は、FTPを利用してファイルの中身を新しいバージョンに入れ替えます。

自動の場合は管理画面でボタンをクリックするだけで新しいバージョンへと自動で更新してくれるので楽ですが、手動の場合は自分でファイルの中身を削除して新しいファイルをアップする必要があるので、自動に比べて手間と時間かかります。

WPをインストールしたままで何カ月~何年も更新していない場合、インストールしているバージョンと最新バージョンに大きく開きがあって、自動で更新できない状況になっている可能性があります。

その場合は手動で更新を行う必要があります。

 

手動での更新手順

1.バックアップを取る(ファイル、データベース、確認用に画面のキャプチャなど)

2.プラグイン、テーマを更新する。

3.プラグインをすべて停止する。

4.ファイルを手動で入れ替える。

5.プラグインを一つずつ有効化する(更新がある場合は更新する)

6.サイトの確認を行う

【4.ファイルを手動で入れ替える。】をもっと詳しく説明します

1.最新バージョンのWPファイルをダウンロード、解凍します。

2.FTPでサーバにアクセスし、該当のファイルを削除し、新しいファイルをアップします。

↑どのファイルを入れ替えるかは、こちらのページで確認してください。

3.サイトのURL /wp-admin にアクセスし、データベースを更新します。

4.パーマリンクを更新します。

5.FTPでサーバにアクセスし、wp-configに4つのセキュリティキーが記載されているか確認します。

 

WP更新後に確認しておきたいこと

◆サイトの外観

WP更新後はサイトのデザインや表示の崩れがないかを確認します。

その際に、以前の記事で紹介した「Full Page Screen Capture」でサイト全体のキャプチャを取り保存しておくと、WP更新後に以前の表示と変わった部分が見つけやすくなります。

意外と覚えているようで細かいところまでは覚えていないので、こういったツールを使いながら確認作業を行っています。

 

◆アナリティクス設定

一つのサイトで、(テーマはLightning)WP更新後にアナリティクスの設定が消えてしまったことがありました。

解析を見て、数日間データが取れていないことがあったので確認してみると、サイトのアナリティクス設定の項目が空白になっていました。

他の管理しているサイトではそういったことがなかったのですが、WP更新のタイミングと同じ日からデータが計測されていなかったので、WP更新を行った際はアナリティクス設定やほかの設定なども確認して、もし設定できていない部分があれば再度設定を行う必要があります。

 

まとめ

WPの更新はちょこちょこ行われているので、しばらく放置していると自動で更新できなくなっていることもあります。

(2017年に入ってからすでに7回行われています。→WPバージョン一覧

サイト作成の際に登録したメールに、「サイト (http://あなたのサイトのURL) を WordPress 4.8.1 へ自動更新しました。」などのメッセージが届いている場合は、特に何もしなくても自動でWP本体の更新が行われていますのでそのままでOKです。

 

それ以外で、自動で更新されない場合はサイトの管理画面から「今すぐ更新」ボタンをクリックして更新を行います。

 

 

 

もし、画像のように「今すぐ更新」のボタンが出ていない場合は、慌てずに手動での更新を試してみてください。

時間的には、管理画面から自動で更新を行うと約15分~30分程度ですが、手動での更新だとFTPを使ってファイルを削除したりアップしたりするので、1時間程度かかってしまいました。

自分のサイトや管理しているサイトが、悪意の攻撃者によって被害を受けるのを防ぐためにも、WP本体やプラグイン、テーマの更新はマメに行うことをおススメします。

 

【追記】

「何もする必要はありません。」とメールで送られてきたサイトがいくつかあったのですが、管理画面で確認すると確かに現在のバージョンのところに最新バージョンの表記がありました。
しかし、同時に「WordPress 4.8.1 が利用可能です ! 今すぐ更新してください。」とも表示されていました。
更新ボタンも表示されていて、本当になにもしなくていいのか不安になってきました。

調べてみると、本体の自動更新のあとに、ローカル言語(日本語版バーション–ja)ファイルの手動更新を行うために更新ボタンや案内の表示が出ているとわかりました。

また、自動で更新されるときとされないときがあって、どうしてだろう?と思ったのでこちらも調べてみました。

自動バックグラウンド更新( WordPress 3.7 で導入された)

メンテナンス・セキュリティのためのマイナーリリースおよび翻訳ファイルのみがこの自動更新の対象になる。(自動更新を無効にすることも可能だが、セキュリティ関係の更新は重要なので初期設定で自動更新されるようになっている)

今回はWordPress 4.8から4.8.1へのマイナーリリースだったから自動更新が適用されたんですね。
4.7から4.8へ更新される場合などは、メジャーリリースと呼ばれ、手動で更新が必要なようです。
(この場合の手動とは、管理画面から更新ボタンをクリックして更新することになります。)

 

更新の間隔があきすぎているときは、最新バージョンに更新する際に注意が必要

手動で更新する際に、バージョンに2つ以上の隔たりがある場合は、一気に更新してはいけないようです。

バージョン 1.5.x、2.x(2.0~2.6.5)から 4.8.1 への詳細なアップグレード手順
以下は、上記手順のさらに詳しい説明書です。作業を始める前に、一通り目を通しておいてください。

2つ以上のメジャーリリースをまたいでアップグレードとしている場合は、衝突の可能性を避けデータベースを損傷するリスクを最小限に抑えるため段階的にアップグレードすることを検討してください。例えば、2.5 から 4.8.1 にアップグレードしようとする際は、まず 2.7 にアップグレードし、続いて 2.9 、そして最後に 4.8.1 へアップグレードしてください。つまり、アップグレードの際に1つのリリースは飛ばしてもかまいませんが、2つのリリースを飛ばすことは決してしないでください。

参考サイト:WordPress Codex 日本語版

 

 

 

 

Follow me!

The following two tabs change content below.

tanatomo

鹿児島在住。web制作の在宅スタッフとしてサイトやイラスト作成などをしています。 姉妹と双子の4人の子育て中です。 漫画・アニメ・多肉植物・ハンドメイド好き。