葬祭費の請求【国民健康保険】と死亡一時金・遺族年金の請求【国民年金】


HYです。
独身の兄が亡くなったため、相続手続が困難な高齢親(法定相続人)の代理で事務処理をすることになりました。「葬祭費」の給付請求と、兄は老齢基礎年金受給年齢前に亡くなったので「死亡一時金」という給付請求をすることができました。

税金の徴収は何度も通知が来るので忘れようがないけど、こちらがもらえる給付金の場合は最初に説明を聞いたが最後、自分から行動しないと何も進展がないまま期限が切れてしまいます。
さらには、代理人がその手続代行をした場合なにが必要になるのかをまとめました。

葬祭費の請求【国民健康保険】

葬祭費給付金制度とは、国民健康保険加入者が死亡した時に葬儀を行った方に対して費用が支給される制度のことです。
国民健康保険加入者の被扶養者の方が保険証の返却などの手続を行います。
※国民健康保険加入の方と、後期高齢者保険加入の方では給付額面が違うようです、詳細は市区町村役場の国保年金課へ。
なおこちらは代理人でも委任状は必要ありません。

金額 7万円(東京都練馬区の場合)
支給方法 口座振込(喪主名義の口座へ)
必要書類等
  • 会葬礼状(ハガキ)または、喪主の氏名が確認できる葬儀の領収書
  • 亡くなった被保険者の国民健康保険証
  • 喪主の認め印
  • 喪主名義の金融機関口座の控え
申請場所 市区町村役場指定場所の国保年金課
申請期間 葬儀を執り行った日の翌日より2年間

死亡一時金・遺族年金の請求【国民年金】

死亡一時金は、国民年金の第1号被保険者として保険料を納めた月数が36月以上ある方が、老齢基礎年金・障害基礎年金を受けることなく亡くなったときは、その方と生計を同じくしていた遺族(1配偶者2子3父母4孫5祖父母6兄弟姉妹の中で優先順位が高い方)が受けることができます。
遺族厚生年金は、厚生年金保険の被保険者中または被保険者であった方が亡くなられたときで、その方によって生計維持されていた遺族が受けることができます。

必要な書類

死亡者の年金手帳 提出できないときは、その理由書
戸籍謄本
(記載事項証明書)
死亡者との続柄および請求者の氏名・生年月日の確認
受給権発生日以降で提出日から6ヶ月以内に交付されたもの。
戸籍謄本請求時に用途を年金請求用と伝えると手数料が無料。
住民票 死亡者との生計同一関係の確認のため。
世帯全員のもの。「除票」が別になっているかもしれないので注意。
これも、用途を年金請求用と伝えると手数料が無料。
課税証明書 請求者の収入が確認できる最新の書類。また、受取資格がある遺族全員の分
子の場合は義務教育終了前は不要。
高等学校等在学中の場合は在学証明書または学生証 等。
死亡診断書のコピー 死亡の事実(原因)および死亡年月日確認のため。
受取先金融機関口座通帳 もしくは、カナ氏名・金融機関名・支店番号・口座番号が記載された部分を含む預金通帳またはキャッシュカードのコピーですが、現物を持っていけばその場でコピーしてもらえる。受取資格がある全員分。
印鑑  請求者と受取資格がある遺族の認印。

以上にプラスして、代理人が申請する場合は下記の3点が必要になります。

  • 委任状 →書式
  • 代理人の身分証明証(顔写真つきが必要なので免許証がベスト?)
  • 代理人の認印

書類さえ用意できれば、全国どこの年金事務所からでも手続ができます。
また、この手続きに出向くと、時間がかかります。
例にあげますと1月後半の東京都練馬区の年金事務所では、受付待ち時間だけで40分。社会保険労務士さんに承認していただきながらの手続には1時間かかりました。
必要書類も多くややこしいため、確認をしながらの書類照合と、色々な記入や捺印があります。

一連の手続をするにあたってのご注意

死亡届を提出後、区民事務所などでどこに何をしにゆくべきか説明があるかと思います。
その時に教えてくれる人によっては、説明が足りない事があるかもしれません…
区民事務所で説明がなかったために年金事務所で死亡一時金の事しか問い合わせられず、遺族厚生年金用の課税証明書書類が受給対象の家族全員分必要になる事実がわかりませんでした。

ややこしいので簡単にまとめますと、家族が亡くなってしまったら役場で葬祭費の請求について。年金事務所で死亡一時金・遺族厚生年金の請求について。の三点について忘れず問い合わせてください。

Follow me!

The following two tabs change content below.
HY

HY

主にデザイン制作物を担当している、40代の在宅ワーカー主婦です。弓道弐段です。襷掛けと羽分け規定のある参段審査の壁は高い!けど、いつか獲るを目指して頑張ります。