主婦の在宅ワーク、確定申告はどうする?【青色申告の場合】

主婦が在宅ワークで収入を得た場合の、確定申告のはなしです。

我が家は夫婦二人とも自営業という形です。

初期は白色申告でしたがお互いに開業届を出したので、現在は青色申告です。

在宅ワークをされていて青色申告が気になっている主婦の方へ、参考になるかわかりませんが私の場合を書いてみます(*^^*)

 

確定申告の流れ

簡単にですが、確定申告の流れを書き出してみました。

当初はハンドメイド品の販売や知人のサイト作成と管理でしたが、途中から在宅スタッフも加わりました。

現在は在宅スタッフの作業を中心にしていて、ハンドメイド品の販売などは行っていません。

時々裾上げやちょっとした小物づくりをしたり、似顔絵やイラスト作成を依頼されることもあります。

(それぞれ年に数回程度なので、仕事とは言えないかもしれないですが、お金のやり取りが発生しているものはすべて記録しています。)

 

①仕事関係の収入と支出を記録しておきます。

お金の収支と、領収書も保存しておきます。

記録する際に「仕事で使ったけど、それをどの項目に入れたらいいか?」などの疑問が出てきたときには、税務署に電話して聞いたりしました(;^ω^)

確定申告書類の書き方や帳簿の付け方などは書籍を読むなどして勉強しました。

会計ソフトなども色々あるので、自分でノートに書いたり計算したりが面倒なときは、そういうのを利用してみるのもいいかもしれません。

弥生シリーズ https://www.yayoi-kk.co.jp/

クラウド会計ソフトfreee https://www.freee.co.jp/

②集計した収入や経費などを決算書に記入

年が明けてしばらくすると、確定申告のための書類が税務署から送られてきます。
前年の収入や仕事にかかった経費などを決算書に記入します。

③確定申告書を作成

決算書ができたら、確定申告書にも記入していきます。

書類に直接記入することもできますが、ネット上で金額を入力して申告書を作成することもできますよ(*^^*)

国税庁のホームページに、「確定申告書作成コーナー」がありますので、そちらを利用して金額を入力していくと自動的に計算されるので、書類を書くのが面倒な人や、計算が苦手な人には本当にありがたいサービスです。(すべて入力が終わったらプリントして提出します。)

 

④期日までに税務署に提出

書類の記入が終わったら、期日までに税務署に提出します。

記入済みの書類を提出するだけなら、そんなに時間もかからなかったです。

最初のころ、書き方がわからない部分があったので、見ていただいて記入して…という状況のときがあったのですが、そのときは待っている人がすごく多くて待ち時間も長かった記憶があります。

 

⑤所得税が発生していた場合は支払う

決算書、確定申告書を書き進めていくと、最終的に納める所得税が分かります。

所得税が発生している場合は納税します。
税務署の窓口で現金で支払うこともできますが、口座引き落としも利用できます。

 

※医療費控除について

年間の医療費が高額になった場合は、医療費控除の対象になりますが、自分ではなく夫のほうでまとめて申告しています。

 

まとめ

主婦の場合は、自分のことだけではなく家族や家庭の状況も考えて、働き方を決めることも多いので、年の途中でパートから自営業になったり、自営業だけどほとんど活動していなかったり、逆にバリバリ働いて稼いでいたり…申告する内容も人によってさまざまですよね。

私も最初はわからないことが多くて不安になったり、勉強しようと本を読んでもなんだかややこしくて、頭痛くなったりしてました…(;^ω^)

状況によっては、帳簿つけるのから確定申告書の作成まで、いっそのことプロ(税理士さんなど)にお任せするのも手だと思います。

でも、お金の流れや全体の資産を自分で把握しておくのも大事なことなので、最初の「難しい…!わからない…!」でめげずに、一回とことん自分が理解できるまで勉強してみるといいかもしれません(*^^*)

Follow me!

The following two tabs change content below.

tanatomo

鹿児島在住。web制作の在宅スタッフとしてサイトやイラスト作成などをしています。 姉妹と双子の4人の子育て中です。 漫画・アニメ・多肉植物・ハンドメイド好き。