寝ている間に顔に謎の傷


オカルトは半信半疑のHYです。

霊を見たことないわけじゃないけど(不透明だし実体だと思ってた)、脳のまやかしじゃない?と思っている位には半信半疑です。

友達と同時にその場にいて、私が心の中であれ何…って思っていたけど黙っていたら、友達のほうから先に「いま居たよね」って発言するなどの同時体感をしても、その記憶自体がまやかしじゃない?と思っている位には…半信半疑…です。

hatarako_bn16112_1

そしてここからは本題の、顔の傷の話です。

以前からちょくちょく…1年に一度あるかないかくらいの間隔で、時々起こる現象です。
和室の畳の上に布団を敷いて寝ていて朝目覚めると決まって顔に、獣のような爪で引っ掻かれたような傷が出来ているのです。

自分の爪は短く丸くカットして、引っかかるようにもなっていないのに、針で引っ掻いたような細い裂傷。

それがたいてい2〜3本、顔の、特に鼻寄りの場所にいつも出来るので不思議で仕方がないのです。

けっこう鋭い裂傷になっているので、洗顔や化粧水にしみて少々痛いです。
そこで初めて傷が出来ていることに気づくのです。

hatarako_bn16112_2

そこで、ふと思いつき、「寝ている間 細い針 傷」などでネット検索をかけてみました。
そしたら…質問サイトで、同じ体験をして謎がっている人がチラホラいたのです!
感動!…感動か?(汗)

主な回答パターンは

  1. 寝ている間に痒くて掻いている
  2. 羽布団から飛び出た羽で怪我をした
  3. ムダ毛処理の時に実は怪我していたのにずっと気づかなかっただけ
  4. シーツなどのタグにプラスチックが残っていて怪我した
  5. 布団カバーのファスナーで怪我をした
  6. 誰かが夜中に傷をつけている

…で、大抵は1でしょうと言われている模様です。

…でも、布団まわりに要素を探っても痕跡が見当たらない…
爪は丸いし、とがったささくれもないし、細い傷をつけることができるようには思えない…

6とかだったら怖い!

余談ですが、家の旦那の言い分は「G(黒い虫)に齧られたんでしょう」
…って、なおのこと怖いですが!

結局真相解明には至っておりません。
ここまで読んでおいて「なんだよ!」とお思いのかたもいらっしゃるかもしれませんが、
謎が多いほうが楽しい、って思ってみるってことでひとつ、お願いします。
hatarako_bn16112_3

Follow me!

The following two tabs change content below.
HY

HY

主にデザイン制作物を担当している、40代の在宅ワーカー主婦です。弓道弐段です。襷掛けと羽分け規定のある参段審査の壁は高い!けど、いつか獲るを目指して頑張ります。